今、楽しいですか?

【神様が応援したくなる人】
 
小さい頃から一つだけ疑問に思っていたことがずっとありました。
 
真面目に努力をしている人が必ずしもむくわれない、
表面的にしか知らないだけかもしれないけど、
真面目には努力あまりしてなさそうだけど
すごく神様に愛されてるなぁ。っていうくらい物事がうまく行く人
 
真面目に努力することの大切さを
いっぱい学んできたけど神様はなんか不公平だなって。
 
その答えは人生のテーマでもあったのですが、
答えがでたかどうかはわかりませんが
私にそのことの答えらしきものを気づかせてくれたのは、「お菓子」でした。
 
神様が応援したくなる人に、共通項はあるだろうか?
 
それは「楽しい人」ではないかと、今はそう確信に似たものを感じてるのです。
 
真面目に努力していて、かつ「楽しい」、
真面目に努力しているけどどこか「悲壮感」漂っている人
努力とかそういう言葉、好きじゃなさそうだけど、
ものすごく楽しんでる人、自分も周りもはちゃめちゃで
困らせちゃうことも多いけど、やっぱりなんか楽しそうな人。
 
29歳からお菓子作りを始めたから、お店のこと、
研究開発で無我夢中で、なかなか気づかなかったけど
 お菓子は、「楽しむためだけに存在する食」
 
そして神様への祈りを捧げたりするときの
イベントを僕たちは「祭り」と呼びます。
「祭り」の開催のために真面目な努力は必要だけど、
「祭り」そのものは、やはり楽しむもの。
 悠久の時を超えて、
人は、神(人智を超えた偉大な自然界に備わる力)を
呼び起こすには
 楽しむことが一番!だと
長い長い経験を重ねてたどり着いたのだと思う。
 音楽、雅楽、猿楽、 それらだけが、
「学」ではなく「楽」という漢字を使うのもきっと偶然ではないはず。
 人が動く時を「働く」、神が動く時を「遊ぶ」という。
 私たちは、お祭りの時のように心の奥底から楽しみ、
遊べるような精神状態に至った時、特別な才能を発揮するようにできてる。
 きっと私たちが生きている間にそれらも、
最新の物理学の超弦理論などによって少しずつ解明されていけるはず。
 
 目には見えないけど、楽しい人には何か目に見えない人を惹きつける力があるから。
 
 もし、何かうまくいかなくなったりしたことがあったら、
一つだけ思い出してみてください。
 「今、楽しい?」って。
 
ちょっと忙しくて、いろいろ不安や悩み抱えて、
一人ではなかなか楽しめなくなってしまったら
 
楽しそうな人や場所に足を運んで見てくださいね。